受講者の声

  <新セラピストの声>
 「第28回フラワーセラピスト認定講座・認定式」 平成30年3月10日(土)にて 

「フラワーセラピストとして活動したい事」
〇定年退職後、地域にどのように溶け込んでいこうか模索している時出合ったのがワイルドフラワーを使っての高齢者施設でのボランティアでした。足立区でフラワーセラピスト「花を楽しむ」活動をしていきたいと思います。
〇私はがんばって子育てをしているお母さんたちをお花のパワーで応援したいです。お母さんたちがリフレッシュしてハッピーな気持ちになれる楽しいフラワーセラピーの講座を開催できたら良いなと思っています。

「フラワーセラピストを目指したきっかけ」
〇セラピストを目指したのは施設に居る母の為でした。花を持って訪ねると黙々と挿し始めます。記憶はすぐに消えてしまいますが、かけがえのない一瞬をこれからも花を通してたくさんの方々と楽しんでいきたいと思います。
〇花に全く興味が無かった夫が退院後、庭を眺めて、花って良いねと呟きました。夫の表情と言葉に、植物の力を感じた瞬間でした。大好きな花・植物の力を借りて、私にも何か出来ないかと思っていた時に、フラワーセラピー研究会に出合いました。
〇たまたまポストに入っていたフリーペーパーを見ていたところ「フラワーセラピー」という言葉が飛び込んできて、「なんだろう?どんなことをするのだろう?」と、この言葉にとても興味を惹かれたことがきっかけでした。


「講座で印象に残ったこと」
〇「すべての出来事の源は自分である。(自分の選択の結果)」という専門講座の先生の言葉が印象に残りました。自分の目標をはっきり決め、コミュニケーションを大切にし、物事の選択をしたいと思っています。
〇「笑顔が大事」カウンセリング講座の先生の一言です。初対面でも笑顔を見れば安心し親近感も沸きます。自分が和らげば相手の心も緩んでいく。感情の表出。ここから始めてみようと思いました。先生は早口で元気よく笑顔でした。
〇フラワーセラピストの役割―大変重い課題を背負ってボランティアをさせて頂くんだなァー。しっかりと責任を持ってお互いに喜びを分かちあえるよう活動したいと思います。よろしくお願い致します。 
〇何よりも印象的だったのは「どんな姿勢で向き合うか」でした。知識そのものより心から楽しんでフラワーセラピーに向き合う先生の講座は特別心に残ります。自分もまた、その姿を見習って前に進みたいと思います。
〇講師の皆様の笑顔、パワー、幅広い知識。素敵なお仲間との出会い。講座では、前を向く力の源、元気をたくさんいただきました。活動では、参加される方と幸せや楽しさを共有できればと思っています。


※ 写真中の人物と文書は関係ありません。

 お問い合わせ 

 フラワーセラピー研究会に対するお問い合わせ・資料の請求はこちらから。
  TEL. 03-6457-4276 (10:30~17:00)
  FAX. 03-6457-4591