全国の活動報告

LinkIcon活動レポート

≪ 支部及び活動拠点 ≫ 平成30年4月現在

 

≪ 本部・埼玉支部及び23拠点の活動実績(平成28年度)≫

 
研究会の活動発表のためのイベント
 
札幌:札幌駅前通り地下歩行空間「花とコミュニケーション」展示、体験、販売(9/29)
藤沢:第7回藤沢地区フラワーセラピー展 小さな社会貢献「花の力・ワイルドフラワーを楽しもう!」(11/6~7)
富士:第17回富士地区フラワーセラピー展「笑顔でたのしむフラワーライフ」(2/17~19)
静岡:第11回静岡地区フラワーセラピー展「花をたのしむ出会いとやすらぎ」(3/24~25)
 
 
外部イベントへの参加
 
埼玉:浦和コミセンまつり(3/4~5)
釧路:くしろエコフェア2016(6/25)
室蘭:ミンクールフェスティバル2016 胆振男女平等参画センター(11/5~6)
仙台:花フェスタ 秋保里センター(5/28~6/5)
長野:高田がっこう祭り(5/28)
東京:成増団地自治会地域交流夏祭り2016(8/7)
町田・厚木:寺フェス 祥雲寺(3/19)
千葉:放課後こどもルーム(12/1、12/8)
横浜:鶴見人ネット(8/1~3)
藤沢:みんないきいき活動見本市 湘南台文化センター(9/10)
茅ヶ崎:茅ヶ崎サポートセンターわいわい祭り(2/26)
平塚:平塚市民活動センター祭り(9/25)
富士:おとなまつり(11/12)
掛川:「e~らふるさとinおおすか」(11/6)
伊豆の国:ふれあい広場 韮山保健センター(10/15)
亀山:ロハスガーデンマルシェ(11/3)
神戸:平成28度生活創造フェスタ(11/5)
他24件

≪ 活動レポート ≫


町田厚木地区・15周年記念フラワーセラピー展 四季の三角ツリー展示をメインに会員の絆が強まった
 
 好天に恵まれた3月24日・25日に町田市民ホール・第1ギャラリーにて、私達の活動15周年記念のフラワーセラピー展を開催しました。5年前の第1回地区展からは会員数も増え、活動する施設も増え、研修なども会員のコミュニケーションを図るために楽しく学べるものを計画しています。そのような近年の私達の活動をよりパワーアップするように今回の地区展は、会員全員が参加するフラワーセラピー展を目標にしました。 今回のメイン作品は、「四季の三角ツリー」でした。会員全員が各グループに分かれ、花材の購入から作品作りの分担まで、グループごとの作成作業としました。仕事をしながら家庭の事もこなしながらの大作業でしたが、グループ内での協力、グループ間の協力もあり、それぞれの強い絆が生まれたと思います。一つの目標に向かうとき、会員同士がお互いを思い量りあいながら、会場設営から開催、片付けまで出来た地区展だと自負しています。 内容は、パネル展示と作品展示、体験コーナー、園芸福祉士による園芸のコーナーを設けました。会場内の雰囲気を一層春めいた空気にしたものは水仙やバイオレットの鉢植えでした。バリエーション豊かな地区展でしたので、子供から大人までゆったりとした時間を過ごして頂けた様子が、たくさんの感想アンケートに溢れていました。 作品展示にもう一つ花を添えたのが、ボランティア養成講座の受講者の作品でした。会員達がかつて作成したことのある作品でしたが、時間を経て見てみると、ワイルドフラワーの良さが改めて感じられました。 準備を含め3日間、会員同士の協力とご家族のご理解とご協力のお陰で、満足のいく地区展が開催できたことを心から感謝いたします。ありがとうございました。
*町田厚木地区のブログには、地区展の記事と写真もUPしていますので、是非ご覧になってください。 

静岡地区10周年記念 第12回フラワーセラピー展 10周年の成果がでて、会員が一つになれた 
 
2004年11月富士地区が、静岡市で養成講座開講、静岡1期・静岡2期、静岡3期と続き、静岡での会員さんが増え、2008年4月静岡地区を設立しました。設立までは、当時の富士地区の代表と副代表をはじめ、富士地区のセラピストの皆さんの尽力によるものでした。富士地区を頼りにして活動が始まり、養成講座は静岡地区で静岡4期から開講しました。現在は、静岡10期、会員数は減少していますが、会員を増やしていこうと頑張っています。外部イベントは、作品作りの時間を作り活動・セラピー展も続けることができました。10周年を迎える準備は2年前から始まりました。予算に合った行事にと決め、記念誌の発行については、パソコン隊が文章を打ち、12年間の写真の山から何枚かをピックアップする作業等は、編集スタッフが頑張ってくれました。御投稿下さった皆様にはとても感謝しています。平成30年3月2日~4日の3日間、「第12回 フラワーセラピー展・花をたのしむ出会いとやすらぎ(10周年記念展)」を開催しました。会員が作った椅子(19個)に作品を飾り、大きなリースには会員が持ち寄ったバンクシア・ユーカリで飾り香りを楽しんで頂きました。その横には富士地区から頂いたフエルトで作った翼(東京地区で使った物)を飾り、とても喜ばれました。 富士地区では翼の前で立って写真を写すようになっていましたが、静岡地区では、座って写真を撮るようにしました。施設の利用者が車椅子で来場した時座った位置が良かったと喜んで写真を撮っていきました。 セラピー展の反省会では、会員の作品が明るくてよかった、同じベースで統一感のあるもの、色・素材で良かった、会員の結晶(苦心・努力・愛情)を感じた、10周年の成果がでていた、一つになれ良かったとの声が聞かれ、静岡地区の「和」を感じました。 


掛川地区フラワーセラピー展 IN 磐田市福田中央交流センター

平成29年度末の3月にフラワーセラピー展を予定していましたが、会場の都合で平成30年度4月に行うことになりました。今回のフラワーセラピー展は、作品や活動の一端を地域の人にお見せする機会を作ることが目的です。定例会の時に作ってきた作品、ボランティアで提供した作品、セラピスト2名の作品、小さなパネルや写真などを用意しました。 掛川地区は会員7名で、近隣の市から集まっています。磐田市社協とつながりのある会員が、磐田市福田中央交流センターを紹介してくれました。4月1カ月間展示することになり、会員は常駐せず、訪れた人に見ていただく形にしました。会場は、ワイルドフラワーの香りが漂ういい感じになりました。広いスペースの半分を使っていて、隣の半分のスペースでは、少子化のために閉園する幼稚園の記念の展示が行われています。それを見に来る人もフラワーセラピー展を見てくれます。 交流センターでは、出入り口2カ所に幼稚園の展示とフラワーセラピー展両方の看板を立ててくれました。この交流センターを訪れた人がワイルドフラワーを使った作品を見て、楽しく何かを感じてくれれば幸いです。この後は、毎月定例会を行っている掛川市大須賀市民交流センターでも同じ展示をする予定です

 お問い合わせ 

 フラワーセラピー研究会に対するお問い合わせ・資料の請求はこちらから。
  TEL. 03-6457-4276 (10:30~17:00)
  FAX. 03-6457-4591